読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幼児語

今日のお昼ご飯はかっぱ横丁の端にある「魚魚家」(ととや)さんでした。

700~900円で魚メインの定食がいただけます。おいしかった。

21時からは鮮魚料理が全品半額らしいのでお酒飲むのにも使えそう。

 

ところでこのお店の名前読みにくいですよね。

幼児言葉で「魚」を「とと」ということを知ってないと読めないです。ちなみに私は知ってました。すごい。

「魚魚」なんだから「とととと」じゃないのかというのは、おいておきましょう。

 

語源を調べるのが好きなのでいつものように語源を調べてみました。

パターンとしてはよくある「語源・由来は諸説ある。」系でしたが、有力なものは「魚は足が早いので、『疾う疾う(とうとう)』から『とと』になった。」というものらしいです。

魚には足がないのに足が早いんですって。腐りやすいとかダメになりやすいってことですね。ちなみに私は知ってました。えらい。

 

幼児言葉のくせして妙に難しい由来ですよね。「おさかなさん」とかでいいじゃないですか。車は「ぶーぶー」、犬は「わんわん」、お腹は「ぽんぽん」なのに。