読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肥えてみた

4月2日から新学期なので(一日ずれてますけど)

何か始めようと思って「太ってみる」ことにしました。

「なぜ?」という疑問にはお答えできませんのでご了承ください。

 

ということで4月2日より本日まで毎日カロリー計算しました。(一日飲み会があったので分からなかったですが)

ここに記録として残しておこうと思います。

 

記録したのは

①朝の体重(起きてすぐ)、②夜の体重(入浴後)

③食べたもの ④値段 ⑤カロリー ⑥Protein ⑦Fat ⑧Carbonhydrate

です。

 

で、計測期間12日間での総摂取カロリーはというと、(飲み会があった日は平均値と同等のカロリーを摂取したと仮定して)

 

43763.02 kcal

平均して3646.918 kcal

となりました。

 

ちなみに最大で4263 kcal per day

でした。

最小は計測初日の2924 kcal となりました。

胃が大きくなったのを感じます。

 

体重に関しては

初日の朝64.45kg だったのが

今日の朝は66.4kgに

 

初日の夜 65.55kg だったのが

今日の夜 67.0kg となりました。

 

朝数値で約2kgほど、

夜数値で約1.5kgほど肥えました。

 

体重は基本的に徐々に増えていたんですが、

あるとき夜の体重が一気に1kg増えたときがありました。(その後も継続的にそのレベルの体重になりました)

 

よくわかりませんが、代謝の関係でしょうか。

 

結果、たった(?)12日で1.5kg増えました。

太りたい人は食べてください。食事回数増やすといけます。(4-5食にしてみました。)

 

ちなみに食費はだいたい1600くらいです。しゃーない。

 

これから落とすかもうちょいつけてみるか迷ってます。

 

 

Special Thanks

あんぱん(低脂質 高炭水&高カロリー対価格)

カップ焼きそば(カロリーパフォーマンス)

サバ缶(高蛋白質パフォーマンス対価格)

 

P.S.

だいたい1kg増えるのに7200kcalのカロリー余剰が必要だと言われてますので、

1.5kg*7200=10,800kcalの留保カロリーを得たことになります。

ここから、僕の消費カロリーは大体2750kcal/日 くらいなのかなっていう計算になりました。

一応最近トレーニングしてるので、まぁこんなもんかもなっていうところに落ち着いてますね。

減量するときの参考にします。

基礎代謝(1日の消費カロリー)を知り、1日の摂取カロリーを計算! - 痩せTECH(ヤセテク)

ここで計算したら、運動強度普通で消費カロリー2730kcalくらいでしたのでやはり妥当なところかと思います。

相棒(リュック)の死を弔う記事

2016年12月11日、相棒のリュックが息を引き取りました。

今年の聖夜は喪に服していたので私には関係のないイベントでした。

喪に服していましたので。

喪に。

 

 

当該死亡したリュックとの付合は非常に長いものでした。

高校生活のすべてを共にしましたし、会計士受験生活中(論文式受験生活を除く。以下同じ。)はずっとこいつと一緒でした。(通学等リュックを背負っていた時間に限る。)

 

ここにその雄姿(骸)を載せることで供養したいと思います。

 

まずは正面の一枚。

 

f:id:CPAss215:20161226004821j:plain

 

非常によく見るリュック。でも私からするとこいつはこいつでしかなく、代用のきかないただひとつのリュック。こう表現すると「収納力の変わらない」と形容したくなりますが、後述のようにこいつは日々の鍛錬で収納力が変わりました。

シンプルisベストな感じがcool.

シンボルマークの豚ッ鼻がそのcoolさにcuteさを加えています。

コンセントタップみたいで充電もできそう!

 

つづいて側面からの一枚。

 

f:id:CPAss215:20161226005201j:plain

 

側面に無駄な装飾は一切存せず、これまたシンプルの王道を突き進んでいますね。

サイドの収納スペースが機能的でステキ。(但、使用シタコトハ無。)

 

さて、もうこのリュックは機能的・物理的損傷が著しく、もはや生前の活躍ぶりをそのまま再現することは出来ないのですが、軽くテキスト類を入れてみました。死体に鞭打つとはこのことか。

 

f:id:CPAss215:20161226010156j:plain

 

こんな感じです。テキストの組み合わせによってはもう少し膨らみます。

このテキスト類の上に六法と電卓、筆箱ふたつと小物入れを二ついれて、ファスナー(ジッパー、チャックも可。)をしめていました。(いまはファスナが物理的に破損しているため再現できませんでした。)

これを毎日背負って電車に乗り梅田まで行っていました。車内及び梅田の人間集団はストレスの種でしかありませんでした。

このリュックは直接的には物理的ストレッサーでしたし、間接的には精神的ストレッサーだったのかもしれません。でも好き。

 

「梅田校のロッカーを借りないアホ」(誰がアホじゃ)、「歩くロッカー」、「歩く過積載」が梅田を闊歩していました。

 

 

最後に、内部の損傷部分(グロ画像)を二枚紹介して、終わりにしたいと思います。

 

f:id:CPAss215:20161226011248j:plain

 

まずはこちら。ファスナがいかれているのも副次的効果として見て取れるかと思いますが、中の生地のイカレ具合ったらありません。

こいつをファスナが噛んだりもしてましたし、カニバリズムはやめていただきたいです。

 

f:id:CPAss215:20161226011620j:plain

 

最後にこちら。底のそこが損なわれるってありえるんですか、という感じ。

収納力が増大したことに伴う犠牲ですね。明らかにキャパオーバーだったんでしょう。張り裂けてます。なんか穴も開いてますね。

 

リュックの遺品整理してたときに、底の黒い生地と茶色い生地の間から100円玉出てきたときは爆笑しました。最後の経済的価値を吐き出したのね。

 

もうこのリュックは用に供していませんし、完全に経済的価値もなくなっているので本来であれば

 

リュック死亡損 (リュックのBook Value) /  リュック (リュックのBV)

 

なのでしょうが、私の心の中には思い出として生きていますので、備忘価額1円を付しておきましょう。

 

リュック 1 / リュック生存益 1

8077億の乳酸菌

乳酸菌飲料が好きです。

ピルクルが好きすぎます。ここのところ毎晩のんでます。

便通もよくなるし晩酌にはピルクルが一番だと思います。

 

おつまみはベビースターラーメン

こいつも毎回セットで買ってます。

 

二つ合わせたらめちゃくちゃ美味いというわけではないんですけど、まぁ美味いものと美味いものなので美味いです。

 

毎日のように同じ時間帯に大量の荷物を持った大学生がピルクルベビースター買いに行ってるんで、間違いなく近くのコンビニであだ名つけられてると思います。

 

ピルキチベビースター坊や  とかですかね。

 

ベビースターのカロリーを見てみたら404kcal/袋もありました。

カロリーに気づいた瞬間おいしさが半減してしまったので明日からは44kcal/65mlのピルクルだけにします・・・。

ん?こいつも結構カロリーが・・・・

 

ウッ

脱力

歌を歌うときにどうしても緊張してこわばっちゃうよぉ という方

『野に咲く花のように』を歌ってみてください。

歌に必須な脱力感を感じるのに適していると思います。

 

この歌を歌うだけで心もなんとなく晴れやかで優しい気持ちになれるのでオススメです。

www.youtube.com

しゅうかつ

就活の波を感じざるを得ないんですが、波にのれていません。

波を読むこともできないですし、そもそもボードを持っていません。なんなら天候がわかりません。

 

でもカツラーメンは食べました。

今日のお昼ご飯は「國丸」。

味噌ラーメンのお店で、カツが乗ったカツ味噌ラーメンという「食欲の秋」にはぴったりのラーメンがあります。

 

そういえば今年も秋が死にかけてますが、いつ生まれたんですかね?

日本の誇る四季はいずこへ・・・春秋が一番好きなのに・・・

 

腹の鳴りだけが秋の到来を告げています。

 

一句でき申した。

 

めにみえぬ あきがきたぞと はらだいこ

あきのみかくに あきはこん

食べ放題

からあげの食べ放題に行ってきました。

「居酒屋いくなら俺んち来い!」という名前のお店でしたが、実際にこんなこという料理上手な友達がいればいいですよね。でも正直あの内装のセンスはないですね。

f:id:CPAss215:20161023235105j:plain

このおっさんはどこにいるんだと多少わくわくしていたんですが、梅田にはいませんでしたね。広告用おっさんでした。

 

食べ放題っていいですよね。

「飽食の時代」を写しとったかのようなコトバの響きがたまりません。

ただ、以前大盛りについて記事を書きましたが、あれと同じ後悔をしがちです。

「量が多ければ多いほど幸せ」という観念を早々に捨て去らなければなりません。

時代は「幸せが最大になる量の探求」ですね。

 

本当はもう少し経済学部っぽい要素を盛り込んだ記事にしようと思ったんですが、あきらめました。

ぼくは会計畑で生きすぎました。収穫はまだです。

幼児語

今日のお昼ご飯はかっぱ横丁の端にある「魚魚家」(ととや)さんでした。

700~900円で魚メインの定食がいただけます。おいしかった。

21時からは鮮魚料理が全品半額らしいのでお酒飲むのにも使えそう。

 

ところでこのお店の名前読みにくいですよね。

幼児言葉で「魚」を「とと」ということを知ってないと読めないです。ちなみに私は知ってました。すごい。

「魚魚」なんだから「とととと」じゃないのかというのは、おいておきましょう。

 

語源を調べるのが好きなのでいつものように語源を調べてみました。

パターンとしてはよくある「語源・由来は諸説ある。」系でしたが、有力なものは「魚は足が早いので、『疾う疾う(とうとう)』から『とと』になった。」というものらしいです。

魚には足がないのに足が早いんですって。腐りやすいとかダメになりやすいってことですね。ちなみに私は知ってました。えらい。

 

幼児言葉のくせして妙に難しい由来ですよね。「おさかなさん」とかでいいじゃないですか。車は「ぶーぶー」、犬は「わんわん」、お腹は「ぽんぽん」なのに。